Lokkaをgit cloneしてからpull requestするまで

Lokkaをgithubでforkする

githubのLokkaリポジトリの右上にある「Fork」ボタンをクリック。

forkしたLokkaを自分のlocal環境へclone

% git clone git@github.com:noriaki/lokka.git lokka-noriaki

変更用のbranchを作りcodeに変更を加える

% cd lokka-noriaki
% git co -b spike_new_feature
% emacs lib/lokka/entry.rb # codeを修正・追加
% emacs spec/post_spec.rb # ちゃんとtestも書く

gemをインストールしてrspecによるunit testを走らせる

localでテストするだけなら、最小構成は以下でインストールできる。

% bundle install --without=production:development:mysql:postgresql
% rake spec

testをパスしたらcommitして自分のremoteリポジトリへpush

% git ci -a -m "added new feature"
% git push origin spike_new_feature

いざpull request

  1. 自分のremoteリポジトリへ行って
  2. branchを今回の作業で作った変更用branch(
    spike_new_feature

    )へ変更

  3. 右上にある「pull request」ボタンを押す

※参考:GitHubへpull requestする際のベストプラクティス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>