URLを入力にしてWebページのタイトルを抽出するYahoo! Pipesを作った

Extract Page Title by Yahoo! Pipes

これはなに?

以下の抽出アルゴリズムを使って、URLを入力するとWebページのタイトルを抽出して返すYahoo! Pipesを作った。

上記のアルゴリズムを平行して実行し、結果は1つのJSONデータにまとめて返すようになっている。
このとき名寄せはしていないので、レスポンス内に複数のタイトル候補が現れることがある。
どのサービスのものを選択するかはユーザ側で自由に決めてもらえれば。

サンプルリクエスト

http://pipes.yahoo.com/pipes/pipe.run?_id=0dcfb1733702abccc3f281395835a0e0&_render=json&url=http%3A%2F%2Fwww.google.co.jp%2F

レスポンスの内容などはサンプルを叩いてみて適当に推測してちょうだい。

※このPipesは有用だと思いますが、動作の正確性や完全性、可用性をはじめレスポンス内容については無保証です

※また、予告無く変更される可能性があるため、サービスに組み込む場合にはオリジナルをcloneして利用することを推奨します

Facebookの写真へタグ付けされたときに事前にOKするか確認する方法

Preview Tagged Post

Facebookでは写真や投稿に対して友達をタグ付けできる機能がある。
タグ付けによって、自分のアップロードした写真に写っている人や一緒にいる人を知らせることができる。もちろん、自分が友達をタグ付けできるということは、友達も自分をタグ付けできると言うことになる。

ただ、いろいろな理由で自分がタグ付けされては困る場面もあるかもしれない。
初期設定では自分がタグ付けされたときにそのままウォールやタイムラインに公開されてしまうため、その困った場面を防ぐことはできない。

このエントリではFacebookの設定を変更することで、自分が友達の写真や投稿にタグ付けされたときに、タグ付けされたことを自分が「承認」するまで公開されないようにする方法を紹介する。

Facebookのプライバシー設定からタグ付け掲載の事前確認をする設定手順

Facebookホーム画面右上にある設定のうち「プライバシー設定」を開く

まず、Facebookホーム画面右上にある設定のうち「プライバシー設定」を開く。

設定項目のうち「タイムラインとタグ付け」の設定編集を開く

次に設定項目のうち「タイムラインとタグ付け」の設定編集を開く。

「あなたがタグ付けされたコンテンツをタイムラインに掲載するかどうかを確認する」をクリック

「あなたがタグ付けされたコンテンツをタイムラインに掲載するかどうかを確認する」をクリック。

プルダウンから「オン」を選択して「戻る」→「完了」とする

表示された画面で、プルダウンから「オン」を選択して「戻る」→「完了」とすれば設定完了になる。

設定後、友達の投稿に自分がタグ付けされたら

上記の設定後は、自分がタグ付けされたらFacebookロゴ横の「お知らせ(notifications)」欄に通知が来るので、確認して「承認」すれば公開され、しなければ自分がタグ付けされたことは公開されないようになる。
(タグ付けそのものが消えるわけではなく、「タグ付けされたこと」がウォールやタイムラインに表示されない)

ちょっとタグ付けされると困る場面があるかも、という人は設定を見直してみると良いかもしれない。